戸田塩の会について…








戸田では古くから塩作りの歴史があり、
約1,500年前、安康天皇の病気治療のために戸田の塩を
献上したとの記録が残されています。
「戸田の名前を残したい、
戸田ならではのもので町おこしをしたい」

そんな想いから平成7年、地域婦人会の有志達により
「戸田塩の会」は結成されました。

塩作りに関する文献は戸田には残っておらず、
地元の長老に話を聞いたり、全国の塩作りを
見学したり、試行錯誤しながら4年がかりで作り上げたのは
海水を釜で沸かして塩を採るという
江戸時代の伝統的方法での製塩でした。
海水をとる場所や釜を作ること、火加減、
燃料、煮詰める時間、塩を取り出すタイミングまで
ひとつひとつにこだわり、愛情をたくさん注いだ
塩作りをしています。

日本一の富士山を見ながら
日本一の塩をめざして
日々元気に活動しています!!



農林水産大臣賞受賞
第10回オーライニッポン大賞
地域文化活動特別賞
燦燦ぬまづ大賞 
・・・その他、多数
NHK 「ふるさと一番」
テレビ東京
「ドライブ A GO!GO!」
テレビ静岡 「まめサタ」
静岡朝日テレビ
「とびっきり静岡」